ペルシャ猫の飼い方―飼い始め編―

ペルシャ猫の飼い方―飼い始め編―

私が、ペルシャ猫を飼うにあたって調べたペルシャ猫の飼い方を記事にしてみました。

これからペルシャ猫を飼おうかなーと思ってるけど、飼い方わからないしなーって方の参考になれば幸いです。

この記事に書いたくらいの事前知識があれば、もう飼えるはずです!

ペルシャ猫の性格や特徴は?

性格

性格は温厚で、あまりイタズラしたりするタイプではないようです。

人に懐きやすく、それでいてあまり甘えすぎないくらいの距離感を保ってくれます。

また、頭がいいほうなのでしつけもしやすい猫種なんだそうです!

ほとんど鳴かないので室内外にも向いています。

ただ、怖がりさんが多いので大声で叱りすぎたりすると近寄ってこなくなることも…

身体の特徴

身体的な特徴はやっぱり毛がモコモコしてることですね。

すごく触ると気持ちいいです。

サイズ感は猫の中でも中くらいで、おおよそ3.5kgくらいになります。

ペルシャ猫の飼い方1

チンチラとは違うの?

ペルシャ猫とは

原産国はイランで、16世紀にイタリアに渡った猫が起源といわれています。

すごくきれいな毛並みによって、昔からキャットショーのアイドルだったそうですよ。

チンチラとは

実はチンチラとペルシャ猫は同じ猫種です。

ペルシャ猫の中に、毛の色の違いでチンチラと呼ばれる猫たちがいるんですね。

ちなみに、うちのもんちゃんはチンチラシルバーと呼ばれる種類になります。

ペルシャ猫の飼い方2

ペルシャ猫を迎える準備は?

家の模様替え

まず床を掃除しましょう。物が落ちていると誤飲の恐れがあります。

次にケーブル類を排除しましょう。噛んで感電の恐れがあります。

脅すようですが、猫と共同生活をするためには必要不可欠です。

買っておくべきもの

ペルシャ猫だから、というような特別な準備は必要ないと思います。

前もって買っておいた方がいいものは、これくらいです。

  • ケージ:できれば2段以上のものがいいです。猫は上下移動でストレスが解消されます。
  • コーム:長毛種のペルシャ猫には必須です。長く使うことになるので、いいやつを買いましょう。
  • トイレ:とりあえずはシステムトイレではなく、安いのでいいと思います。不便に感じたら乗り換えましょう。

ペルシャ猫はどこで入手できる?

ペットショップ

一番オーソドックスだと思います。

何度も会いにいけますし、どんな性格の子かも教えてくれます。

保険や餌などをまとめて契約・購入できるので楽ですが、保険の選択肢は多くない傾向にあります。

うちはペットショップにしました。

ブリーダー

こちらもメジャーです。

見学はペットショップよりかは敷居が高い(連絡が必要)ですが、猫の性格をしっかり教えてくれます。

譲渡会

保護猫などの譲渡会が開催されていることがあります。

こちらも一つの手だと思います。

ペルシャ猫の飼い方は?

ご飯、餌、おやつについて

ご飯については、かかりつけの動物病院の先生のお言葉を文章にしたものです。

いわく、ご飯はチキン系のものがいいそうです。ムダな脂肪分がないからとのこと。

また、キャットフードといえばカリカリしたドライフード、もしくは魚の切り身のようなウェットフードがあります。

栄養のバランス的を取るためには、総合食であるドライフードを基本的には食べさせます。

加えて、たまーに上からウェットな餌をかけてあげたり、鳥の胸肉を茹でて食べさせるといいそうです。

夏場は水分が不足しがちなので、ドライフードに水を含ませてあげるのもおすすめ!

ブラッシング

ペルシャ猫といえば、その圧倒的な毛量です。

自分で毛を飲み込んでしまって、病気になってしまったりするので定期的なブラッシングは欠かさないようにしましょう!

一日一回以上はブラッシングしてあげたいところです。

ブラッシングのやり方は、まず毛の流れにそって全身を一回り。

次に毛の流れに逆らって全身を一回り。

最後にもう一度毛の流れにそって全身を一回り。

これをできれば3分以内にこなしてあげたいですね。あまり拘束すると負荷がかかってしまうので。

ペルシャ猫の飼い方3

注意してあげたいこと

①目やに

ペルシャ猫は目やにが出やすい猫種です。

本当にすぐに黒い塊ができあがるので、ウェットティッシュで拭いてあげましょう。

拭くのを怠ると、目やにの部分だけ毛が変色してしまうそうですよ。

②体温

猫が熱を出すと、触っただけでわかるくらい熱くなります。

ペルシャ猫は、毛量が多く熱がこもりやすいので尚更です。

空調での温度管理は24時間かかさないようにしましょう。

③運動量

子猫のときはよく動きますが、成長とともにあまり運動しなくなっていきます。

肥満には気をつけて、体重管理をしっかりしてあげましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ペルシャ猫の飼い方について、ざっと記載してみました。

細かいところはこれからも記事でまとめていくので、もしよかったらご一読ください。

ちょっとでもペルシャ猫に興味を持ってもらえたなら幸いです!